top of page

オペラ初心者のための包括的ガイド



opera


はじめに

総合芸術の世界に深く入り込んでみましょう。オペラの魅力的で魅惑的な世界へようこそ!オペラが高尚な文化で踏み入れるのが難しいものだというのは偏見です!オペラは怖がるものではありません。単に音楽、ドラマ、演技が組み合わさったものです。これをどのようにして楽しむかを段階的に学ぶための包括的なガイドです。


オペラとは何?ミュージカルとの比較

オペラとミュージカルの違いを理解する前に、オペラとは何かを知ることが重要です。オペラは、音楽、演劇、ドラマ、演技が組み合わさった芸術の形態であり、物語があり、歌手がキャラクターの役割を演じ、物語を表現する視覚芸術が含まれます。では、オペラとミュージカルの違いは何でしょうか?これらにはよく似ていますが、違いを知ることができます。音楽、歌唱、演技などの共通点がある一方で、オペラとミュージカルを区別する要素があります。 まず第一に、オペラは演技よりも音楽を重視し、ミュージカルは演技を重視します。言い換えれば、ほとんどのオペラはレチタティーヴォ(対話のように歌われるもの)を使用します。キャラクターが対話をするときに使用され、キャラクターが観客や他のキャラクターに話しかける場面でも通常の話し方ではなく、歌います。これがミュージカルとオペラの最大の違いです。 さらに、オペラはミュージカルよりも歴史が長いです。17世紀から始まり、古代ギリシャの要素の本質を再構築しようとする作曲家たちによって長い歴史を有しています。イタリアの作曲家、クラウディオ・モンテヴェルディは、この芸術形態を最初に創造したとされています。モンテヴェルディが生きていたバロック時代には、形式的な構造とポリリズムを持つ豊かな音楽作品がありました。古典派時代のオペラはモーツァルトなどの有名な作曲家によって広く作曲され、真面目なものから面白く楽しいものまでさまざまな種類のオペラが広がりました。ロマン派時代には、ビゼーの「カルメン」やプッチーニの「マダム・バタフライ」など、今では最もよく知られたオペラが作られました。



おすすめの作品

初心者の方は、まず最初にワーグナーを選ばない方が良いでしょう。個人的に嫌いというわけではありませんが、彼のオペラは初心者には長すぎます!ベラ・バルトークも避けた方が良い別の作曲家です。これも個人的な嫌悪感はないのですが、彼のオペラは理解が難しいです!最初は、簡単であまり長くないオペラを選ぶのが良いでしょう。古典派からロマン派までのオペラを選ぶと理想的です。以下は、初心者におすすめする作品です。


最も有名な作曲家によって作曲されたオペラを観たいなら、まずこれをおすすめします。他の当時のオペラとは異なり、『フィガロの結婚』は喜劇オペラなので初心者に適してると言えるでしょう。古典派で作曲されたこのオペラには、オペラ史上でもっとも有名なアリアの一つが含まれています。フィガロの「Here’s an end to your life as a rover(ここであなたの放浪者の生活に終止符を打つ)」や、ケルビーノの小夜曲「Tell me what love is(愛は何か教えて)」が含まれています。




モーツァルトが歴史上最も偉大な作曲家ではありますが、オペラの歴史はイタリアに深く根ざしています。オペラで有名なイタリアの作曲家、プッチーニは音楽の美しさにおいてがっかりさせることはありません。ロマン派時代のイタリアオペラのスタイルであるベルカントが、彼のオペラで輝いています。プッチーニが成功に導いた多くのオペラがありますが、『マダム・バタフライ』はその中でも最も楽しむ価値があるものの一つです。




オペラに関しては、ビゼーを紹介しないわけにはいきません。フランスの作曲家ビゼーによって作曲された『カルメン』は、おそらく世界で最も成功したオペラであり、多くの映画や公演にインスピレーションを与えています。前のオペラとは異なり、大胆でエキゾチックな音楽が組み込まれているため、音楽のスタイルが他の作品とは異なっています。





オペラに参加する前に知っておくべきこと

ほとんどの有名なオペラはヨーロッパ諸国から来ています。つまり、オペラは英語で上演されるわけではありません!字幕はあるでしょうが、オペラを理解するのに事前にプロットを知っていると便利です。リブレット全体を知っておく必要はないと言っているわけではありませんが、Wikipediaなどで見つけられる概要が役立つと思います!キャラクターの名前、プロット、そして有名なアリアは、オペラを理解する上で重要な要素です。

オペラハウスのドレスコードについて心配する方も多いでしょう。オペラに参加するための特定のドレスコードはありませんが、フォーマルな服装が安全です。スーツやフォーマルドレスなどで素敵にドレスアップしても全く問題ありません。ビジネスカジュアルもオペラにはぴったりです。ただし、ビーチサンダル、Tシャツとジーンズ、スニーカーは避けましょう。(場所や公演によります。)一部のオペラは黒いタキシードの着用を強く希望する場合がありますが、そうでないこともあります。チケットを購入する前に確認してください!


理解しておくと役立つ重要な用語があります:

  • アリア (Aria): ソロ歌手のための定番の歌。

  • ベルカント (Bel canto): イタリアオペラのスタイルで、「美しい歌」という意味の英語。

  • Leitmotif (レイトモーティーフ): 特定のキャラクターやアイデアを表す短い音楽のフレーズ。

  • リブレット (Libretto): 「小さな本」の意味で、オペラの歌詞。

  • ソプラノ (Soprano): 女性歌手の最も高い音域。

  • メゾソプラノ (Mezzo-soprano)(「ハーフ・ソプラノ」の意味): 女性歌手のソプラノとコントラルトの中間の音域。

  • コントラルト (Contralto): 女性歌手の最も低い音域。

  • カウンターテナー (Countertenor): 男性歌手の最も高い音域。

  • テノール (Tenor): 男性歌手の2番目に高い音域。

  • バリトン (Baritone): テノールとベースの間の音域。

  • ベース (Bass): 最も低い音域。


おわりに

オペラの公演に行くことを悩んでいる場合は、ぜひおすすめします。オペラは音楽の新しい経験の地平を広げてくれ素晴らしい経験になると思います。



 
Logo of MyMusicSheet written in blue bold letters

Over 100,000 sheets with various songs and instruments, and 15 different local payment methods, MyMusicSheet provides the most convenient platform service for those of you who love music.

 

© 2023 MyMusicSheet | www.mymusicsheet.com




Comentarios


Subscribe to our channel

Join our email list and get access to specials deals exclusive to our subscribers.

Thanks for submitting!

bottom of page