top of page

クラシック音楽とコメディの融合:トムとジェリーの「猫のコンチェルト」

Tom playing the piano

クラシック音楽というと、どのようなイメージが浮かびますか?豪華なコンサートホール、タキシードやドレス、ワインとチーズ?これら上流階級のイメージは、なかなか手に届かないもので、日常生活から切り離されているように感じることが多いです。これがハードルとなり、クラシック音楽の魅力的な世界を楽しむことを遠ざけています。しかし、この洗練された上流階級のタイプの音楽が、あなたのお気に入りの漫画に面白おかしくはめ込められたらどうでしょうか?猫とネズミのコンビ、トムとジェリーの中でリストの曲がコミカルに使われるのを想像できますか?



『猫のコンチェルト』(1947年)を親しみやすく感じるかもしれません。このエピソードでは、トムがコンサートピアニストとして登場し、フランツ・リストの「ハンガリー狂詩曲第2番」という最も人気のあるクラシック音楽を背景にしたコミカルな瞬間が描かれています。このシーンでは、トムは雄弁で巧みなピアニストとして描かれています。しかし、真面目なクラシック音楽コンサートのシーンではありません。そして、トムが演奏する中でジェリーがトラブルを引き起こします。物語は、オーケストラが演奏を準備している壮大なコンサート会場にトムがジェリーを追いかけて入るところから始まります。


このシーンをユーモラスにしているのは、対照的な要素です。トムが洗練された技術で演奏すべき真剣なクラシック音楽を奏でる一方で、アニメーションは詳細なビジュアルと誇張されたキャラクターの表情でコンサートの混乱を捉えています。速いテンポのアクションは音楽と同期しており、音とビジュアルのシームレスな融合が視聴者を引きつけます。このエピソードは、楽器を使った創造的なギャグやスラップスティックのルーチンで満ちています。トムがオーケストラを管理しながらジェリーを捕まえようとする場面でいくつもの笑いを生み出しています。


巧妙にも、このシーンで監督はリストの「ハンガリー狂詩曲第2番」を選びました。この曲は、テンポとムードの劇的な変化で有名で、伝統的なハンガリー音楽のスタイルを反映しています。2つの主要なセクションで構成され、メランコリックなメロディが徐々に強まるスローなセクションが特徴です。ここでの音楽は、自由で即興的な感じが特徴のハンガリーの民謡やダンスのスタイルを反映しています。



第二セクションは、第一セクションとは異なります。この速いセクションは活気に満ち、華やかです。この部分では、演奏者から非常な技術と器用さを要求する速く、技巧的なパッセージが突如として繰り広げられます。


これら対照的なセクションは、シーンにおけるトムとジェリーの活気ある対照的な関係にうまく適合しています。しかし、この音楽は元のオリジナル曲とはわずかに異なっています。タイミングとペースは、カートゥーンバージョンをオリジナルから区別する上で重要な役割を果たします。リストの作曲は、テンポとダイナミクスに注意深く配慮して演奏されるよう設計されており、表現豊かな解釈が可能です。しかし、トムとジェリーのアダプテーションでは、音楽はアニメーションのアクションに合わせて特別なタイミングが設定されています。テンポやダイナミクスの変化は、キャラクターの動きに対応するように誇張され、コメディやドラマの重要な瞬間を強調するために加速したり減速したりします。この音楽とアクションの同期は、全体的なコメディ効果を生み出し、視覚的なギャグから注意をそらさずに音楽が強化されることを保証するために不可欠です。


カートゥーンでの音楽的変更には、効果音の追加やドラマチックな効果のための適応も含まれています。オリジナルの作品が純粋に楽器の演奏に焦点を当てているのに対し、カートゥーンでは視覚的なアクションと一致する誇張された効果音が取り入れられています。これには、強調されたピアノの鍵盤の打鍵音、クラッシュ音、その他のカートゥーンのスラップスティック要素を補完する音が含まれます。画面上の特定のアクション、例えばトムの慌ただしいピアノ演奏やジェリーの巧妙な悪戯に合わせて、音楽の特定のセクションが繰り返されたり、強調されたりすることもあります。これらの変更はコメディ効果を高め、視覚的なナラティブと一致する連続的な聴覚的なヒントを与えています。


トムとジェリーのバージョンを弾いてみた場合は、CANACANA familyバージョンの楽譜があります。



この楽譜の素晴らしい点は、アニメそのままの正確な楽譜を手に入れることができるということです。このバージョンには、トムとジェリーのバージョンで変更されたすべての要素が特徴として含まれています。楽譜のスラップスティック部分で見ることができるように、ユーモラスな瞬間もきちんと表されています。これは、リストのオリジナル作品を完璧に理解し、完璧な音感を持っていない限りは難しい作業です。アニメーション効果をすべて一つの楽譜に書き下ろすことが驚くほどうまくできています。


このアレンジメントはトムとジェリーのバージョンとそれほど変わりませんが、序奏とコーダを挿入することでわずかに異なるタッチを加えています。アニメーションはリストの曲から直接始まりますが、このバージョンでは、オリジナルとトムとジェリーのバージョンでは表されていない異なる層を加える序奏が付いています。次に、コーダもうまく再編されていますが、トムとジェリーおよびリストのオリジナリティを損なっていません。


この曲を練習するためのヒントは、ユーモラスな瞬間も表現してみることです。リストのオリジナルバージョンだけでなく、トムとジェリーのバージョンも練習してみてください。アレンジメントが面白く、ユーモラスで、楽しいムードを伝えることを意図していることを理解しながら、中間のジャジーな部分にも焦点を当てることで、ピアノを弾きながらユーモラスな体験を与えると思います。この曲を弾くだけで、トムとジェリーの素晴らしい世界とリストの巧みさに触れることができます。


CANACANA Familyの他の記事


こちらもおすすめです!



 
Logo of MyMusicSheet written in blue bold letters

Over 200,000 sheets with various songs and instruments, and 15 different local payment methods, MyMusicSheet provides the most convenient platform service for those of you who love music.

 

Comentários


Subscribe to our channel

Join our email list and get access to specials deals exclusive to our subscribers.

Thanks for submitting!

bottom of page