top of page

クラシック音楽は他のジャンルよりも優れているのか?




クラシック音楽の好きな作曲家を説明したり、何の曲が好きか、次にどんなクラシックコンサートに出席する予定があるかを説明したがる人に出会ったことはありますか?もしくは、「音楽を知るため」にクラシック音楽とその歴史を学習することを強要されたことはありますか?

クラシック音楽は高尚で、エリートなアート形態として捉える認識は、世代を超えて存在しています。なぜそう思われているのでしょうか?なぜクラシック音楽は他の音楽ジャンルよりも優れていると見なされることが多いのでしょうか?なぜポップミュージックを聴く人は、文化的に洗練された人物とは見なされない一方で、クラシック音楽のファンはそう見なされるのでしょうか? これらの問いに答えるためには、まず音楽の歴史を把握し、なぜ歴史的文脈がクラシック音楽を「上流階級の音楽」として育んだのかを理解する必要があります。クラシック音楽がしばしば超越的で、時には神聖なものとみなされる理由や、なぜそれが高貴な音楽であるのかを探求しましょう。


その1:聖歌から始まっているから

クラシック音楽がポップミュージックとは比較できない触れられない音楽として説明される理由を論じるには、その起源にさかのぼる必要があります。クラシック音楽と教会は、長い歴史的なつながりと精神的な結びつきを持っており、古くからキリスト教の礼拝や信仰の礎としてクラシックの作曲が奉仕されてきました。中世の時代には、音楽を作曲できる人々は神の使者と見なされていました。 この時代には、信じるか信じないかに関わらず、グレゴリオ聖歌は神によってグレゴリウス教皇に啓示され、それに基づいて作曲されたと信じられていました。神によって作曲されたというこの考えは、教会音楽の正当化として重要でした。中世の時代の作曲家は、謙虚な神の声の伝達手と見なされ、宗教的な目的のために音楽を制作していました。一方、ルネサンス期やバロック期の作曲家は、しばしば教会に雇われ、宗教的な用途のために音楽を作曲するよう求められていました。教会は特にオルガンを通じてクラシック音楽の後援者となり、礼拝において中心的な役割を果たしてきました。


同様に、クラシック音楽は「聖なる音楽」という名前の下で分類されており、それによって人々は、ポピュラー音楽など他のジャンルが持っていないような霊性を備えていると信じています。



その2:貴族社会に広まったから

なぜ、クラシック音楽のコンサートではタキシードやイブニングドレスなどに身を包んできちんとした格好をする伝統があると思いますか?なぜ多くの映画には、貴族がベートーヴェンやショパンといった作曲家の楽曲を聴くシーンが登場し、贅沢な音楽と結びつけられているのでしょうか? これは、クラシック音楽がヨーロッパで教会音楽とされた後に貴族によって楽しまれていたからです。教会音楽とされた後に、作曲家たちは独立して音楽を作曲するようになりました。しかし、彼らはどのようにしてお金を稼いだのでしょうか?教会からの雇用がなくなったため、作曲家たちは貴族のサポートを通じてお金を稼ぐことができました。貴族は自分たちが好きな作曲家をサポートし、彼らが財政的な苦境に陥ることなく音楽を作曲できるようにしました。クラシック音楽と貴族のサポートとの関係は、財政支援、委託、そして創造的な協力という歴史的な模様で織りなされています。数世紀にわたり、貴族は重要な後援者として、作曲家や音楽家が自分の芸術に全力を注ぐ手段を提供してきました。 モーツァルト、ベートーヴェン、バッハなどの名だたる作曲家は、貴族の寛大さから恩恵を受け、今日でも観客を魅了し続ける不朽の作品を生み出しました。貴族たちは社交の場としてサロンに通い、自分たちがサポートする作曲家を招待して、彼らの音楽の知識を「見せびらかし」ました。サポートする才能があるとされるほど、「高貴な」人々になれるのです。後援者と作曲家の関係は主従の関係とは異なりました。ただし、作曲家たちは後援者を大切にし、時には彼らに音楽を献呈しました。たとえば、ベートーヴェンは自分の作品の多くを後援者に捧げました。レオポルト皇帝の末息子であるルドルフ大公が良い例でしょう。ベートーヴェンの最もよく知られた作品の1つである「B♭ メジャーのピアノ三重奏曲」作品97は、ルドルフ大公に捧げられました。



その3:ヨーロッパ音楽であるから

言い換えれば、ユーロセントリズムは私たちにクラシック音楽が優れていると信じさせています。ヨーロッパが世界を数世紀にわたって支配してきたことは、彼らの生み出したものを最高と見なす傾向を強化しました。クラシック音楽は数世紀にわたる豊かで深い歴史を誇っており、音楽評論家たちはそれを分析するために洗練された複雑な手法を開発してきました。たとえば、シェンカー理論は音楽の基本的な要素を構造的に明らかにするためのツールであり、多くの音楽学者によって広く採用されています。ただし、これはヨーロッパの音楽にのみ適用されるものであり、この範囲外の音楽は「音楽の基礎」を欠いていると考えられていました。たとえば、素晴らしいリズム要素で知られるジャズ音楽は、シェンカー理論における重要なハーモニーを欠いており、学者によって見過ごされてきました。言い換えれば、ユーロセントリックな分析と歴史は、ジャズやポップ、非西洋音楽などの他のジャンルとヨーロッパ音楽の間に階層を確立しています。幸いなことに、音楽のジャンル内で階層的な構造を作り出すというこの見方は、多くの音楽学者や音楽家によって批判されています。


おわりに

まとめると、クラシック音楽は長い間音楽の世界において名声を保ち続けてきました。この高い地位は単一の要因によるものではなく、むしろ歴史的、文化的、社会的な影響の複雑な相互作用の結果です。クラシック音楽の聖なる起源との深いつながり、貴族による後援、そしてヨーロッパの遺産はすべて、それをエリートな芸術形態としての評判に貢献してきました。しかし、ジャズやアフリカ音楽、アジア音楽など、他の音楽ジャンルもそれぞれ豊かな歴史を持っていることを認識することが重要です。クラシック音楽以外の多くの音楽ジャンルも、自分たち独自の伝統と歴史を持っており、それらが「本物の」音楽の唯一の表現と見なされることがある人々に見逃されるべきではありません。クラシック音楽の価値を低く評価しようとしているのではありません。ただし、私は各ジャンルがそれぞれ独自の価値と美を世界にもたらしており、クラシック音楽だけがそうであるわけではないと述べたいです。クラシック、ジャズ、ポップ、または他のジャンルであっても、音楽は私たちをつなぎ、境界を超え、私たちの心に触れる力を持っています。

Yorumlar


Subscribe to our channel

Join our email list and get access to specials deals exclusive to our subscribers.

Thanks for submitting!

bottom of page