top of page

ピアノポートレート:藤井風 - 「花」by CANACANA family


Fukii Kaze's Hana

はじめに

パンデミックの中で、多くのミュージシャンが音楽会場の閉鎖や縮小に悩んでいる中、ごく一部の選ばれたミュージシャンだけが生き残り、さらに大きな名声を得ました。新しいメディアは、ミュージシャンにとって新しい舞台です。Tik TokやYouTubeなどの新しいメディアの世界を生き抜くためには、素晴らしく、中毒性があり、そしてまだ芸術的な音楽の感覚で観客を一瞬で引き付ける能力を示さなければなりません。その一人、藤井風は、日本の模範的な歌手です。デビュー当初から、藤井風は、主にYouTubeを通じて日本の音楽業界を席巻してきました。彼のデビューシングル「何なんw」は、他のミュージシャンには見られない独自性から莫大な注目を集めました。彼が時折の出身の方言(岡山弁)で歌うなど、多様な歌声にも魅力があります。日本の音楽ファンだけでなく、世界中の人々を惹きつけ、藤井風が世界の音楽業界を席巻する原動力となりました。上で言ったように、これは彼がパンデミックの困難を乗り越えるために創造的に考える能力を持っていたからこそ可能でした。パンデミックの中でのツアーキャンセルによる打撃にもかかわらず、藤井風は巧みにオンラインプラットフォーム、特にYouTubeを活用し、ライブパフォーマンスやミュージックビデオを通じてファンと交流してきました。




「花」は藤井風の楽曲の中でも、彼の音楽的才能を示す見本的な曲です。曲自体はリズミカルでポジティブなエネルギーに満ちていますが、メロディには少し不気味さが感じられます。全体のムードは陽気でエネルギッシュな雰囲気を醸し出していますが、繰り返しや疲れが漂っています。その理由は何でしょうか?歌詞を見てみると、この曲が純粋に幸せを意味するものではないことが分かります。人間の儚い生命を、花の生命サイクルとして描いています。花が咲き、しぼむように、人間もまた同じであることを歌っています。曲のタイトルである「Hana」は、日本語で花を意味します。日本語を知らない人々にとって、なぜこの曲に少し不気味さが含まれているのか、その歌詞がよく説明しています。メロディや歌詞だけでなく、彼のボーカルも人生の苦味を伝えていることを示しています。彼の幻想的で無関心に聞こえるトーンは、曲の完璧なパズルを作り上げています。ボーカルスタイルとの矛盾するマイナーメロディは、曲を新しい音楽のフェーズに導きます。彼の名前を聞いたことがあるかどうかに関係なく、この音楽は彼の世界にあなたを引き込みます。非常にユニークで穏やかな音楽であり、中々見つけることができない曲です。


CANACANA familyによるアレンジ



藤井風のファンであるなら、ここで彼の音楽とより密接に触れ合う機会を提供したいと思います。彼の音楽をピアノで演奏してみることを一度考えてみてください! YouTuberのCANACANA familyは、この音楽をピアノにアレンジしました。ピアノは、オリジナリティを保ちつつ、必要に応じて音楽に追加のレイヤーを与えることができる非常に興味深い楽器です。そして、編曲に微妙な変化を加えることで音楽に新たな息吹を与えています。この編曲の最も素晴らしい部分は、オリジナルのリズムのエッセンスを捉えるだけでなく、ムードをより効果的に伝えるために独自の解釈を編曲に取り入れている点です。解析に入ってみましょう。


音楽はオリジナルのリズムから始まります。これはオリジナルの音楽にとって非常に重要な要素です。これはシンコペーションを含む少しジャジーな雰囲気を与えます。ボサノヴァを演奏するほどの難しさではありませんが、オリジナルのリズムを慎重に保持する必要があります。なぜなら、音楽の主要なエッセンスだからです。そして、この編曲は、左手でリズムを始めることで、多くの人が音楽とオリジナルの音楽とのつながりを一瞬で感じることができます。主に左手でリズムを保持しながら、右手はシンプルにメロディを奏ます。これもまた、リズムの制限からです。ここで言いたいのは、メロディをあまりにも飾り立てると、主要なリズムに注意が向かなくなるということです。これは編曲者が考える最も重要な仕事の1つです。どの要素に焦点を当てるべきか?何度か述べたように、この場合は、リズムを保持することが最も重要な部分と考えられます。オリジナリティを維持することが重要ですが、CANACANAは伴奏に多少の変化を加えました。大きく見ると、この音楽は3つのセクションに分かれます。最初のセクションは1:35まで、2番目のセクションは、左手の伴奏の変化と対照的です。興味深いことに、最初のセクションではリズムの緊張が常に保たれていますが、2番目のセクションではアルペジオが導入されることで、音楽に新しい息吹が吹き込まれます。この変化は、人々が音楽に集中しやすくしています。短いですが、編曲においては重要です。これにより、最後のセクションがより対照的になり、人々が飽きることなく楽しめます。


おわりに

自分でお気に入りの音楽を演奏する際に、完璧な編曲を見つけることが最も難しいです。オリジナリティを妨げずに、新しい雰囲気を与え、新しい音楽体験へと導いてくれます。ここで提供した音楽の例は興味深く、注目すべき完璧な例だと思います。藤井風とCANACANAの編曲の両方が、あなたの音楽生活に新鮮で幸せな体験を与えてくれます。これがその曲の編曲楽譜です!素晴らしい音楽の世界を体験してみてください。


こちらもおすすめです!


 
Logo of MyMusicSheet written in blue bold letters

Over 100,000 sheets with various songs and instruments, and 15 different local payment methods, MyMusicSheet provides the most convenient platform service for those of you who love music.

 

Comments


Subscribe to our channel

Join our email list and get access to specials deals exclusive to our subscribers.

Thanks for submitting!

bottom of page