top of page

メジャーキー:音楽における感情の色彩

music notes

はじめに

なぜ音楽を聴くのでしょうか?多くの人が「音楽は言葉を使わずに感情を呼び起こし、物語を語ることができるから」だと答えるでしょう。言葉は必要ありません。むしろ、音楽は異なる文化や社会をつなげる普遍的な言語と考えられています。歌詞が理解できなくても、音楽がどのような雰囲気を持っているかを感じるのはそこまで難しくありません。確かに、音楽自体が雰囲気を説明する必要がありません。なぜでしょうか?理由はいくつかあるかもしれませんが、今回はキーの役割に焦点を当てて考えてみましょう。音楽で、「キー」という用語は、音楽の基盤となる調性のことを指します。キーは、作曲のメロディとハーモニーが回りを囲む特定の音高(音符)のセットを確立します。キーは音楽における音の安定感と組織を提供しています。簡単に言えば、音楽には音楽の「ホームキー」があるということです。メジャーキーとマイナーキーのムードには大きな違いがあります。しかし、依然として多くの人々が、DメジャーやAメジャーなどの異なるメジャーキーの違いを理解していないことがあります。大きな違いを認識するのはあまり簡単ではないですが、作曲家は音楽の一般的な雰囲気に基づいてどのキーで作曲するかを決めます。異なるメジャーキーを選ぶと、音楽に微妙な変化がもたらされます。今回は、メジャーキーの微妙な違いを説明していきます。


Cメジャー:音楽の基本

音楽を学び始めるなら、おそらくCメジャーから入ると思います。全ての音階の中で、Cメジャーは最もシンプルでありながら重要な音階の一つです。シャープやフラットが一切ないCメジャーは、「純粋」で「無垢」なサウンドとして際立っています。子供の歌に関する音楽を書く際に多くの作曲家に選ばれる理由がこのためです。

多くの人が「きらきら星」を知っているでしょう。「きらきら星」のシンプルなメロディーは、子供たちが様々な楽器で歌ったり演奏したりしやすくするためにCメジャーで書かれています。幼少期から驚異的な才能を持っていたとして知られるモーツァルトも、多くの音楽をCメジャーを基にして作曲しました。実際、"きらきら星"のメロディーは彼の作品の一つで使用されました。Cメジャーは最もシンプルな音階とされていますが、その使用方法によって音楽性が潜在的に異なります。

ここから「きらきら星」を探して演奏してみてください。




Gメジャー:楽観主義の響き

Gメジャーキーには、キー記号にFシャープしか含まれていません。明るく幸せなサウンドが特徴です。楽観的でポジティブな気持ちと関連付けられることが多いです。さらに重要なことは、Gメジャーが適切に使用されると、音楽を聴いて楽しい気持ちになることが特徴なのです。

Gメジャーの中でも最も象徴的な曲の一つが、ビリー・ジョエルの「Piano Man」です。この曲のストーリーテリングの歌詞とピアノの旋律が、ジョエルの代表的な曲の一つにしました。その陽気なリズムは、Gメジャーの楽しいムードを完璧に表現しています。音階、リズム、ピアノの伴奏、さらには歌手の歌声までもが、音楽の楽しい要素を伝えるために絡み合っています。

「Piano Man」の楽譜はこちらから!




Fメジャー:穏やかな静けさ

上では陽気な音楽のメジャーキーを紹介しましたが、こちらは人々の内面に平穏さを刺激するもう一つのキーです。Fメジャーは、他の一部のメジャーキーと比較して温かく、穏やかなサウンドを持っています。バラードやスローな曲で、静けさと平和感を伝えるためによく使用されます。

この質を信じられないほどうまく説明する2つの例があります。ポップ音楽の中で、ザ・ビートルズは最も広く認識される音楽バンドであると言えるでしょう。彼らは多くの永遠のクラシックな曲を発表し、その中でも「Let it Be」はその中でも最高と考えられています。歌詞が素晴らしいとされています。この曲を聴くと癒され、気持ちを和らげ慰めてくれます。そして、穏やかなサウンドを提供するFメジャーが曲に完璧にマッチしています。

「Let it Be」の楽譜はここでチェック!




シューマン:キンダーセンツェン Op.15 No.7、トロイメライ(ホロヴィッツ)は、Fメジャーを適切に使用した別の例です。この音楽は非常に安らかで穏やかなムードを持ち、人々に憩いをもたらします。この音楽は、シューマンが子供向けに作曲したシリーズの一部です。シューマンがこの曲に付けたタイトルは「トロイメライ」で、なぜこの音楽がFメジャーで作曲されたかがより理解されるでしょう。トロイメライはドイツ語で「夢見ること」を意味します。多くの人がこの曲の雰囲気に対して、子供が安らかに昼寝をしている様子を表していると形容されています。




おわりに

メジャーキーは似ているように見えるかもしれませんが、作曲家が感情を表現するために使用する独自の感情と雰囲気を持っています。適切なメジャーキーを選ぶことは重要な芸術的な選択であり、音楽の一部のムードを設定します。それは単なる技術的な音符だけのことではなく、絵画の色を選ぶようなものです。

メジャースケールを選ぶことは、画家が特定の雰囲気を作成するために絵画の色を選ぶようなものです。たとえば、Cメジャーは純粋で無垢な色のようであり、Gメジャーは明るく幸せな色であり、Fメジャーは落ち着きを持つ色です。作曲家は、音楽で表現したい感情に合わせてこれらのキーを使用します。まるで画家が絵画のムードを設定するために色を選ぶように、作曲家はこれらのキーを慎重に選択します。それは単純な決定ではなく、同じように見える場合でもさまざまな要因を考慮する必要があります。

したがって、音楽を聴くときは、どのキーを使っているかを耳を傾けてみてください。そして、なぜ作曲家がこの音楽を作曲する際にこのキーを選んだのかを考えてみてください。メロディの向こうに、メジャーキーの選択によって形作られた感情の世界があることがわかるでしょう。これは、音楽がコミュニケーションをとり、結びつき、私たちの内なる感情さえもかき立てる驚異的な力を思い起こさせてくれます。



こちらもおすすめです!



 
Logo of MyMusicSheet written in blue bold letters

Over 100,000 sheets with various songs and instruments, and 15 different local payment methods, MyMusicSheet provides the most convenient platform service for those of you who love music.

 

© 2023 MyMusicSheet | www.mymusicsheet.com 

コメント


Subscribe to our channel

Join our email list and get access to specials deals exclusive to our subscribers.

Thanks for submitting!

bottom of page