top of page

[分析] YOASOBI - アイドル by Animenz

赤坂アカは非常に優れた作者であり、表面上では『推しの子』の漫画やそのアニメ化作品はただのアイドルをテーマにしたアニメに見えるかもしれませんが、実際にはアイドル業界のリアルな描写をしています。アニメ自体も素晴らしい制作であり、YOASOBIが魅力的なオープニングテーマを再び提供しています。アニメのサウンドトラックについての議論は、Animenzの素晴らしいピアノアレンジを挙げずには語ることができません。彼の「アイドル」のアレンジは本当にユニークなので、ぜひチェックしてみてください。


YOASOBIの文化的影響:日本のポップミュージックの再定義

YOASOBI(夜遊び)は、Ayase(作曲)とikura(ボーカル)からなる日本の音楽デュオです。

two people man and a woman looking at a camera Japanese YOASOBI MyMusicSheet
YOASOBI duo: (L-R) Ayase, ikura

グループ名は、"yo"(夜)という日本語の「夜」、および "asobi"(遊び)という「遊び」や「娯楽」を意味する日本語の組み合わせであり、彼らの音楽が夜の生活や内省のテーマを反映しています。デュオは2020年に日本でヒット曲「夜に駆ける」で人気を集めました。この曲のミュージックビデオは2023年5月現在、YouTubeで2億回近く再生されています。YOASOBIはその後も「群青」や「多分」など、数々の成功したシングルをリリースしてきました。彼らの音楽は、J-pop、ロック、エレクトロニック、フォークなど、さまざまなジャンルを融合させており、歌詞はしばしば孤独、愛、自己反省などのテーマを探求しています。デュオは独自のAyaseのサウンドとikuraの感情的なボーカルで称賛されています。


Photo Credit: Uniqlo



『推しの子』がマンガとアニメの世界に与えた影響:高い評価と期待

『推しの子』は、高く評価されている作家である赤坂アカの作、そして才能あるアーティスト横槍メンゴによって描かれた、大いに期待されている日本の漫画シリーズです(赤坂アカは『かぐや様は告らせたい』の作者でもあります)。漫画は魅力的なストーリーラインで、奇跡的な再生を通じて有名な日本のアイドル(推し)の子どもとなります。彼らは共にエンターテイメント業界の複雑で時には波乱に満ちた世界を航海し、注目を浴びる中で成長する過程で勝利と挑戦を経験します。漫画はダイナミックな物語で、名声のプレッシャーやアイデンティティ、個人の成長など、さまざまなテーマを探求しています。魅力的なプロット、鮮やかなキャラクター、日本のポップカルチャーの世界に対するユニークな視点から、『推しの子』は漫画ファンや一般の読者の間で大きな支持を集めています。

an anime poster with six people with pink background and stars Oshi no Ko Anime Poster MyMusicSheet
Oshi no Ko Anime Poster

2023年4月、『推しの子』のファンは、大いに期待されているテレビアニメシリーズの初回放送によって新しい形式で作品を体験する機会を得ることができます。名門アニメーションスタジオである動画工房によって制作されたこのアニメは、見事なアニメーション、才能ある声優陣、忘れられないサウンドトラックと共に、漫画の鮮やかな世界を表しています。感動的なストーリーと魅力的なキャラクターで、『推しの子』はアニメと漫画の世界で大きな社会現象となりつつあります。アニメ化の初回放送を心待ちにするファンたちの間で、漫画シリーズは繊細なストーリーテリングと没入感のある世界観で世界中の観客を魅了しました。

Image Credit: IMDb

YOASOBI「アイドル」Official Music Video

 

アイドル

YOASOBI シングルより

A girl with her back, wearing a pink dress with long hair rising a finger on stage with lots of lights and many audience in front of her  Idol by YOASOBI MyMusicSheet
Idol by YOASOBI

- アーティスト: YOASOBI

- リリース日: 2023年4月12日

- アルバム: 『推しの子』OST

- レーベル: Sony Japan

- 作詞作曲: Ayase

- ジャンル: J−POP, アニソン

- キー: C# Major

- 時間: 3分45秒




 


Cover of Idol by Animenz


アニメとクラシック音楽の交差点:Animenzの影響とその財産

Animenzは、YouTube上でAnimenz Piano Sheetという名前で活動している日本のピアニストです。Animenzはクラシック音楽の訓練を受けたピアニストであり、アニメのサウンドトラックやオープニング、エンディング曲などのピアノアレンジを行っています。Animenzは2010年1月14日にYouTubeに参加し、220以上のビデオと約5億回の視聴回数を持っています。2023年5月現在、Animenzのチャンネル登録者数は200万人以上です。Animenzはエヴァンゲリオン、ハンター×ハンター、ジョジョの奇妙な冒険、鬼滅の刃などのアレンジを提供しており、また多くの古いアニメのカバーも手掛けています。

an animated person with white hair holding sheet music wearing a black bow blue shirt and black vest coat Animenz YouTube MyMusicSheet
Animenz YouTube profile picture

Animenzの最も視聴回数の多いビデオは、アニメのアレンジであり、東京喰種(トーキョーグール)の「Unravel - Tokyo Ghoul OP [Piano]」です。このビデオは2015年2月12日に投稿され、9100万回の視聴回数を記録しています。Animenzは過去20年間、ピアノを演奏しており、演奏にはSteinway D-274グランドピアノが使用されています。彼の目標は、アニメ音楽を時代を超えて愛され楽しまれる古典音楽の形態に変えることです。彼のピアニストとしての活動は、アニメとクラシック音楽の愛好家の間で大きな支持を得ており、アニメ音楽とクラシックピアノで可能なことの限界を押し広げ続けています。彼のアレンジが聴く人々に喜びと感動をもたらし、時代やジャンルを超越する音楽を創り続けることを楽しみにしています。


Animenzによる『推しの子』オープニング曲のピアノカバー:アニメファン、音楽ファン必見

漫画『推しの子』の人気上昇に伴い、アニメも人気が高まっています。そのアニメのオープニング曲である「アイドル」も熱狂的なファンを持っています。この曲と歌詞は物語とアニメに非常に重要な意味を持っており、重要な曲となっています。Animenzはアニメにも注目しており、早々に動画を投稿しました。Animenzは2023年5月3日にこの曲を投稿しましたが、アップロードからわずか5日でYouTubeで30万回以上の再生回数を記録しています。これは彼の最新の曲の1つです。オリジナルの曲はC#メジャーの調性であり、AnimenzのアレンジはBメジャーとG#マイナーを使用しています。どちらも4/4の拍子と166 BPMのテンポに従っています。この曲は星野愛についてのものです。曲はアニメとしっかりと繋がっており、アニメのオープニングならではの出来栄えです。今回の分析には、ネタバレが含まれる可能性があるため、アニメ解説に入る前に少なくともエピソード1を視聴することをおすすめします。もし漫画を読んだりアニメを視聴した殻は読み進めくてください。


イントロ

歌が始まり、最初の歌詞は「無敵の笑顔で荒らすメディア」となります。これはエンターテイメント業界に対する暗喩であり、メディアが常にネガティブな影響や厳しい批判を与え続けることを表しています。この曲はハイエネルギーで、力強い歌詞を持っています。オリジナル曲のイントロは約18秒で、その間に力強い曲と歌詞があります。この曲はアイドルの星野愛がアイドルとしての成功と、スターダムによって経験した苦難について歌っています。

アニメも力強く始まり、彼は大きな音で演奏を始め、右手でアルペジオを弾き、左手でコードを演奏します。それを4回繰り返し、それからイントロのメインメロディー「天才的なアイドル様」というフレーズが入ります。これはアイドルが天才であり、神のような存在であることを表しています。Animenzの曲ではこのフレーズは14秒の間に表現されています。


バース1

第1ヴァースはイントロから始まり、ビートに合わせて歌詞がアイドルが抱える厳しい現実と嘘を反映しています。人々やメディアからアイドルに対して常に「今日何食べた?」や趣味、興味についてのインタビューが行われます。彼らは幸せそうな返答と笑顔を提供しなければならないのですが、実際には何も食べていないかもしれません。アイはこれらの質問に対して「秘密」と返答します。


Animenzは第2ヴァースの歌詞が始まる前に、曲をスムーズにつなぐために約5秒間の小さな演奏をします。"questions"という歌詞が始まると、彼はゆっくりとした演奏をし、指の動きは速いですが、同じピアノの範囲内で行われます。これはまだ曲の32秒目で、2番目のヴァースに移行します。


バース2

第2ヴァースも短く、アイドルたちを常に批判的な目で見て、彼らにタイプ(好きな男性や女性のタイプ)、相手は誰かなどを尋ね続けることで彼らの言葉を引き出そうとします。これはアイドルにとってはキャリアを終わらせる可能性がある質問ですが、ファンはこれらの情報にはまっていきます。この歌は非常に速くてリズミカルであり、歌詞や日本語を知らない場合は楽しい曲に聞こえるかもしれません。

Animenzはこの部分を速く、ダイナミックに演奏します。たくさんのキーが演奏されます。これはまだ次の部分が演奏される前の44秒目です。2番目のヴァースは約11秒間ですが、演奏するのは複雑で楽しいですし、興味深いです。


プレコーラス

この部分では曲が少しスローダウンし、歌詞は「誰かを好きになることなんて私分からなくてさ」となっています。これは、アイがインタビュー中にうっかり本音を漏らしたり、自分自身の愛の意味を理解していないことを指しています。これはアニメの第1話で完全に循環するテーマです。


Animenzもこのセクションで曲をスローに演奏します。そして徐々に曲のテンポを上げていきます。オリジナルの曲にあるようにバックグラウンドで「ヘイ!ヘイ!」という声が入り、それはまるでアイドルのコンサートでファンが叫びながらリズムを合わせているようなものです。これはAnimenzが言っている一番楽しい部分で、演奏すると彼自身も叫ばずにはいられないほど中毒性があるそうです。彼は非常に難しそうに見える速さでピアノを演奏しますが、そのリズムが目と耳にとってのご褒美です。


コーラス

ここで曲のサビ部分が始まります。再び曲のテンポが上がり、歌詞は「一番星の生まれ変わり」となっています。これはアイを象徴しており、彼女は常に最も輝く星として描かれており、星のように輝きます。さらに、ヴィーナスは女性の美と愛を象徴しており、それはまたアイのようなものです。さらに、最後の一行は「嘘でもそれは完全なアイ」となっており、歌詞のビデオでは「愛」という言葉がカタカナで書かれており、これは一般的な「愛」という意味と同時に「アイ(哀)」という意味も持っています。


Animenzのサビは59秒で始まります。彼の手は速く動いており、曲の歌詞のヴィーナスの部分では再び「ヘイ!ヘイ!」またはハハと彼が言っています。キーは速く演奏され、右手は比較的同じ位置にあり、左手はピアノの中央および左側も演奏します。そして、このサビはビートで終わり、このセクションが終わったことを表しています。


バース3

曲の第3節は他のメンバーについてで、時にはバックダンサーとして、またアイの引き立て役として描かれます。アイは他のメンバーよりも目立っています。これはまた、アイにプレッシャーをかけます。彼女はファンのために完璧でなければならず、そうでなければ他のメンバーは彼女を「許さず」、彼女が弱くて誰よりも強くないと「受け入れる」ことができません。この強いプレッシャーは、エンターテインメント業界のスターとアイドルが何度も直面するものです。この曲のラップ部分は非常に強烈で暗く、ミュージックビデオも同様です。


Animenzの第3節はサビの直後、1分21秒から始まります。ここで、Animenzはクラシック音楽をラップソングに融合させました。これは簡単な課題ではありませんが、彼は成功裏にそれを行いました。彼はベートーヴェンのソナタに触発された短調のスケールを追加し、オリジナルの曲を完成させました。1分26秒の時点で、よりスパイスを加えるために彼はコード進行を変更しました。そして、第2節の後半はより速く、より強烈で、アイドルにかかるプレッシャーがあります。曲と歌詞により効果を与えるために、彼は速いアルペジオランに切り替えました。そして最後に、この節はAnimenzの曲の最初の32秒で使用されたコード進行を再利用して終わります。Animenzは自分の曲の最初の32秒で使われたコード進行が大好きだったと述べています。彼の第3節は1分43秒で終わります。


コーラス

そして、曲のサビが始まります。再び、元気で陽気な感じです。ファンたちはアイドルを信頼し、崇拝するほどです。最も強力なアイドルの弱点が彼らのキャリアを破壊する可能性があり、最も輝かしい星として存在します。最後の一文で「本物の愛(アイ)を見せるために」、ここでの愛はアイドル名の「アイ」を意味し、アイドルのアイは弱さの欠片もなく本物の愛を見せなければなりません。曲は前回と同じサビのリズムをたどります。


Animenzも同じサビのリズムに従ってこのサビを演奏します。最初は少しゆっくりと始まりますが、その後徐々にテンポが上がり、少しの間を置いて終わり、次のラップパートに向けて同様にビートで終わります。この部分は明るく演奏され、何度も繰り返し聴くと、最後の一文「それこそ本物の愛」と叫びたくなるでしょう。


ブリッジ

次のパートは、アイ自身のキャリアに対する考え方についてです。彼女の強い意志とこの業界にいる決意についてです。彼女のキャリアは「愛してる」という偽りの言葉の上に築かれ、彼女の努力と汗によって滴る結果です。ここで少しネタバレになりますが、彼女の子供であるアクアとルビーにも言及があります。彼らは前世の記憶を持って転生しており、アイは自分の子供たちを天才だと信じています。そして、「マリア」と呼ぶ一節があります。マリアは聖書の中で聖母マリアを指し、純潔と貞操の具現化です。そのため、アイは子供がいるにもかかわらず、この事実を隠し、純潔で清らかな自己像を演じなければなりません。これは伝統的なブリッジの形式とは異なりますが、これがアイの一面です。


Animenzは巧妙にラップソングにボレロドラムのビートを追加しました。ボレロドラムはキューバ音楽で使用され、19世紀の後半に登場した活気のあるスペインのリズムです。主要な曲のドラムビートに重点を置きたかったのです。これには主旋律は含まれていません。彼の驚異的なスキルにより、この部分を追加し、曲が築き上げた雰囲気と一致させました。オリジナルの曲でプレコーラスが始まるところで歌詞が終わる後、Animenzはブリッジをより伝統的でクラシックな音楽的な形で終結させるためにブリッジを拡張しました。


プレコーラス

曲のコーラスに入る前に、短いプレコーラスがあります。ここでの歌詞は「誰かに愛されたことも誰かのことを愛したこともない」です。これはアイが愛されずに育ち、そのため誰かを愛することもなく、彼女が語る嘘と、いつか本当に誰かを愛する日が来るという信念と信頼に由来しています。ネタバレになりますが、ビデオではアイがアクアとルビーと手を繋いでいる様子も示唆されています。


Animenzはこの部分を延長して終わると同時に演奏を始めます。これはゆったりとした感情的な部分です。彼はゆっくりとピアノを演奏しますが、少しペースを取ります。最初は速く、感情的であり、その後再びゆったりとした曲調になります。この部分ではアイの感情や彼女の感じ方を感じることができます。Animenzは彼のピアノを通じてアイの感情を捉えています。


コーラス

最後のコーラスでは、アイは本物の愛を感じ、本物の愛を伝えることができるように願っています。彼女はいつか自分の言葉が本当になることを願っています。重大なネタバレなので、注意です。もしまだ漫画を読んでいないかアニメのエピソード1を見ていない場合は、ネタバレをしたくない場合はこの部分をスキップしてください。ストーカーはアイが子供を持っていることを知って裏切られたと感じ、彼女の命を絶ちます。これが彼女が最初でおそらく最後の「愛してる」をアクアとルビーに伝える場面です。


Animenzは最後のコーラスでも再びテンポを上げます。彼の手の動きが優れている素晴らしいテンポです。また、曲には最後の「ハハ」の部分も含まれています。その後、曲は再び速くなります。アウトロの前に短い休止を取り、曲の次の部分を続けます。

アウトロ

この部分では、アイはついにアクアとルビーに「愛してる」と言うことができます。これは嘘ではなく、アイの人生の究極の真実です。ネタバレですが、これは彼女の目に輝く星が永遠に消える前に最後に子供たちに伝えた言葉です。


Animenzは「I love you」と「愛してる」の部分を非常に慎重に演奏しました。彼はこれが曲の真のメッセージを伝える部分であると信じていました。3:18で「愛してる」の部分をポルタートのアーティキュレーションで演奏しました。ポルタートは滑らかで脈動するアーティキュレーションです。[ポルタートは脈動する音を出すためのもので、スタッカートは少し切れ切れの音になるものです] Animenzはポルタートを演奏し、アイがゆっくりと無に消えていく様子を描きました。彼女はついに「愛してる」と言えました。


エピソード1は、1時間22分にわたる大変な展開であり、間違いなく見る価値があります。このアニメは間違いなく2023年のアニメですので、見逃さないでください。そのアニメはアイドル文化の現実についての魅力的な内省を提供しています。多くの人々にとってはアイドルは輝かしい幸福の源に見えるかもしれませんが、それには暗い、有害な側面も存在します。アイドルはファンに幸せを提供する責任を負わなければいけないわけではありません。彼らは自分たちの選択に基づいて生きる権利と愛する権利を持つ人間です。ファンによって支配されることなく、自分たちの人生を生きることができます。そして、伴奏曲はこれらの感情を効果的に伝えています。さらに、Animenzの編曲はクラシック音楽の要素を加え、曲を全く新たなレベルに引き上げています。


もしもこのアレンジが気に入ったなら、こちらで編曲をチェックすることができます。他にもAnimenzの編曲はたくさんあり、間違いなくチェックする価値があります。

もしもこの曲や他の曲が気に入ったなら、MyMusicSheetでたくさんの楽譜を見つけることができます。


それでは次回まで、ハッピーミュージック!






 
Logo of MyMusicSheet written in blue bold letters

Over 100,000 sheets with various songs and instruments, and 15 different local payment methods, MyMusicSheet provides the most convenient platform service for those of you who love music.

 

© 2023 MyMusicSheet | www.mymusicsheet.com


Opmerkingen


Subscribe to our channel

Join our email list and get access to specials deals exclusive to our subscribers.

Thanks for submitting!

bottom of page