top of page

AC/DCの"Back in Black(バック・イン・ブラック)" ビハインドストーリー


Introduction

「Back in Black(バック・イン・ブラック)」は、 オーストラリアのバンドAC/DCによるロックの名曲です。1980年にリードシンガーのボン・スコットが亡くなった後にリリースされた同名のアルバムのタイトルトラックです。



 

Back in black album cover

Back in Black(バック・イン・ブラック)

アルバム「Back in Black(バック・イン・ブラック)」より


- アーティスト: AC/DC

- 発売日: 1980年7月25日 - レーベル: アルバート、アトランティック - 作詞作曲: Brian Johnson, Angus Young, Malcolm Young

- Mode: A メジャー - Genre: ハードロック - BPM: 94 (188BPMでダブルタイム) - 時間: 4分15秒


 


The story of Back In Black

このアルバムは、世界で5000万枚上の売り上げを記録し、史上最も売れたアルバムのひとつとなっています。アメリカでは22倍のプラチナ認定を受け、マイケル・ジャクソンの「スリラー」に次ぐ国内で2番目に売れたアルバムです。このアルバムはカナダでもダイヤモンド認定を受けており、100万枚以上の売り上げを示しています。他、多くの国でプラチナまたはマルチプラチナのステータスを獲得しています。


「バック・イン・ブラック」のアレンジは、ドライビング・ギター・リフとパワフルなリズム・セクションが特徴です。バンドのリードギタリストであるアンガス・ヤングとドラマーであるフィル・ラッドによって書かれたこの曲の歌詞は、逆境を克服し、困難な時期を経て立ち上がるという思いを綴っています。冒頭のセリフ"I hit the sack, I've been too long, I'm happy to be back."は、語り手が困難な時期を経てきたが、今は前に進み、ビジネスに戻る準備ができていることを示唆しています。この曲のコーラス"I'm back in black, I hit the sack, I've been too long, I'm glad to be back."は、ロックミュージックの歴史の中で最も象徴的で記憶に残るもののひとつになりました。


この曲の注目すべき他の歌詞:

"I'm dirty, but I'm feeling pretty and I'm young, yeah, my tongue's getting tied" "I'm back in black, yes, I'm back in black" "Well, I'm back, yes, I'm back"

この曲の歌詞はシンプルですが、力強く、キャッチーなコーラスが「バック・イン・ブラック」をAC/DCの最も普遍的で人気のある曲のひとつにしています。 「バック・イン・ブラック」はmp3を含む様々な形式でダウンロードでき、Sportifyなどの音楽ストリーミングプラットフォームでストリーミングできます。ギターパートの演奏方法を書いたギターTABと曲のコード進行を書いたギターコードは、オンラインで多く入手でき、曲をマスターしたいギタリストの間で人気があります。


この曲は他のアーティストによって何度もカバーされており、多数の"ベスト・オブ"および"グレイト・ヒッツ"コレクションに含まれています。ロックの古典とされており、キャッチーなフック、強力なアレンジ、印象的な歌詞で称賛されています。




 
Mymusicsheet logo

Over 100,000 sheets with various songs and instruments, and 15 different local payment methods, MyMusicSheet provides the most convinient platform service for those of you who love music.

 

© 2023 MyMusicSheet | www.mymusicsheet.com

Σχόλια


Subscribe to our channel

Join our email list and get access to specials deals exclusive to our subscribers.

Thanks for submitting!

bottom of page