top of page

"Happy Birthday to You"はベストな著作権フリーの曲だろうか?


Origins of Happy Birthday to you


"Happy Birthday to You"の歌の由来については、いくつか興味深い話があります。ある説では、この歌は1800年代後半にアメリカ人の2人の姉妹、パティ・ヒルとミルドレッド・ヒルによって"Good Morning to All." - 「みなさんおはようございます」という子供向けの歌として書かれたと言われています。この曲は元々、学校(教室)での挨拶の歌として使用されていて、後に"Happy Birthday to You"という言葉を含むように修正されました。


Happy birthday to you sheet music

<sheet music of 'Happy Birthday to You'>


この歌に関するもう1つの興味深い話は、1893年にケンタッキー州の幼稚園で初めて演奏されたというものです。この話によると、若い生徒のグループが、毎日の挨拶の一環として、"Good Morning to All"と"Happy Birthday to You"を歌っていました。これらの歌が非常に人気だったため、1924年にリリースされた「幼稚園の歌物語」と呼ばれる歌の本に最終的に掲載されました。


"Happy Birthday to You"のメロディーの由来にもいくつかの説があります。メロディーが伝統的な民謡に基づいていると言っている人もいれば、古い讃美歌やスピリチュアルに触発されていると言っている人もいます。その正確な起源は分からないが、"Happy Birthday to You"は、世界中で歌われる最も愛されるバースデーソングになりました。


パブリックドメインか否か?


ワーナーミュージックグループは、2013年にRuckus Network, Inc.という会社に対して、"Happy Birthday to You"という曲を巡って著作権侵害の訴訟を起こしました。Ruckus Networkは、ユーザーが教育環境で使用する音楽にアクセスしてダウンロードができるオンラインプラットフォームを運営していました。ワーナーは、Ruckus Networkが有効なライセンスなしで、"Happy Birthday to You"という曲を使用していると主張しました。


この訴訟は、2015年に裁判にかけられ、裁判所はワーナーミュージックグループに有利な判決を下し、Ruckus Networkはワーナーの持っている曲の著作権を実際に侵害したことを認めました。裁判所は、Ruckus Networkに対し、ワーナーミュージックへの損害賠償を支払うよう命じました。


しかし、後に"Happy Birthday to You"の著作権は、アーティストと映画製作者のグループによって提起された別の訴訟で無効であることが宣言されました。その結果、この曲は現在パブリックドメインであり、許可やライセンス料を支払う必要なく、自由に使用できます。


オンラインでダウンロードできる"Happy Birthday to You"のピアノアレンジはたくさんあります。購入してダウンロードできる曲の楽譜を提供するウェブサイトもあれば、独自のピアノアレンジを作成するために使用できる無料の楽譜またはMIDIファイルを提供するウェブサイトもあります。"Happy Birthday to You"の歌詞は著作権で保護されているので、アレンジで使用する場合は、著作権者に許諾を得る必要があります。




 
Mymusicsheet logo

Over 100,000 sheets with various songs and instruments, and 15 different local payment methods, MyMusicSheet provides the most convinient platform service for those of you who love music.

 

© 2023 MyMusicSheet | www.mymusicsheet.com

コメント


Subscribe to our channel

Join our email list and get access to specials deals exclusive to our subscribers.

Thanks for submitting!

bottom of page