top of page

[分析] 松原みき - Stay With Me by THIS IS PIANO

TikTokやSNSにより、過去の時代を体験するのが簡単になりました。THIS IS PIANOが中心になり、見逃せないアイコニックな曲の魅力的な演奏を披露してくれています。THIS IS PIANOがピアノでお届けする「Stay With Me」に身を委ねて、魅惑的なメロディに浸りましょう。この忘れられない名曲の情熱と感動を再燃させてくれます。愛されるこの曲をTHIS IS PIANOの素晴らしい解釈で聴きながら、音楽の不思議な世界へと心を運んでください。


松原みきを讃える:彼女の忘れられない才能に敬意を表して


松原みきは日本の歌手兼シンガーソングライターです。彼女は1959年11月28日に日本の大阪府堺市西区で生まれました。松原は1970年代後半から1980年代初頭にかけて、ヒット曲「真夜中のドア〜Stay with Me」で人気を博しました。

a black and white picture of a girl sitting with crossed legs one hand on her leg and another on the chair smiling brightly Miki Matsubara MyMusicSheet
Miki Matsubara

この曲は1979年にリリースされ、日本で大成功を収め、彼女の最も有名な曲の一つとなっています。松原は「ポケットパーク」(1980年)や「Who Are You?」(1980年)など、彼女のキャリアの中で数枚のアルバムをリリースしました。後続のリリースでは同様の成功を収めることはありませんでしたが、彼女は音楽を制作し続け、日本の音楽業界で活動を続けました。残念ながら、松原みきは2004年10月7日、子宮頸癌の合併症により、44歳で亡くなりました。彼女のキャリアは短いものでしたが、彼女は日本のポップ音楽に大きな影響を与え、彼女の曲「真夜中のドア〜Stay with Me」は永遠のクラシックとして残っています。彼女の音楽は、日本や世界中のファンによって今も愛され、高く評価されています。

Photo Credit: Twitter


真夜中のドア/Stay With Me:松原みきによる忘れられない日本のヒットソング


「真夜中のドア〜Stay with Me」は、松原みきが歌う人気のある日本の曲です。この曲は1979年にリリースされ、すぐに大ヒットとなり、松原をスターダムへと押し上げました。作詞は秋元康、作曲は林哲司によって行われました。「真夜中のドア〜Stay with Me」は、そのキャッチーなメロディと心温まる歌詞で知られています。この曲は、愛を求める切なさや心の叫びを描いた物語性のある歌詞が特徴です。誰か特別な人と一緒にいたいという願望や、夜に一人きりにされることへの恐怖が歌詞に表現されています。この曲の成功は初期のリリースにとどまらず、年を経ても人気を保ち続けています。さまざまなアーティストによってカバーされ、日本のテレビ番組やCM、映画にも多く取り上げられています。その感情的なインパクトと永遠の魅力により、「真夜中のドア〜Stay with Me」は日本のポップ音楽の愛されるクラシックとなりました。

2020年末には、インドネシアの歌手Rainychによるカバーや、YouTubeのChris Andrianによるカバーによって、「真夜中のドア」が国際的に人気を集めました。この曲はストリーミングプラットフォームで注目され、TikTokのトレンドとなりました。作曲家の林哲司はインタビューで、この曲の再評価をストリーミングの台頭に帰因し、また松原みきを称賛し、デビュー曲ながら既に彼女が歌唱スキルを完成させていたことを述べ、これは業界では珍しい偉業だと述べました。


The official song Stay With Me by Miki Matsubara


 

Stay With Me

松原みき シングルより

a lady behind a white background lady with open hair wearing a black coat white shirt and black tie Miki Matsubara's Poster MyMusicSheet
Miki Matsubara's Poster

- アーティスト: 松原みき

- リリース: 1979年11月5日

- アルバム: 松原みきベストコレクション

- レーベル: PONY CANYON INC.

- 作曲: 林哲司

- 作詞: 三浦徳子

- ジャンル: City Pop

- キー: F Major

- 時間: 5分12秒





 

極上のメロディーに浸る: THIS IS PIANOの巧みな演奏を聴く

紹介するのは、韓国発のダイナミックなYouTubeチャンネル、THIS IS PIANOです。2021年12月1日に開設されて以来、瞬く間に総視聴回数250万回以上を獲得し、250以上のビデオで視聴者を楽しませてきました。2023年5月現在、約8,000人の購読者を抱え、魅力的なピアノカバーを求める音楽愛好家のための必見の存在となっています。

cream background with a piano line drawing along with the title THIS IS PIANO YouTube channel Profile Picture MyMusicSheet
THIS IS PIANO YouTube channel Profile Picture

彼らのレパートリーは多岐にわたり、クラシックの名曲、アニメのOST、映画のサウンドトラック、K-POPのヒット曲、J-POPの名曲、そして魅力的なゲームのサウンドトラックなどを網羅しています。特に、彼らが公開している中で最も人気のある動画は、2022年3月2日に公開された日本映画の曲「Drowning Love (溺れるナイフ) | Chasing Kou | Piano Cover」の魅惑的なピアノカバーで、公開以来50万回以上の再生回数を記録しています。THIS IS PIANOの特徴は、曲の簡略化されたバージョンや簡単なバージョンです。これにより、あらゆるスキルレベルのピアニストが参加できるようになっています。THIS IS PIANOが提供する美しいメロディと巧みな演奏に身を委ねてみてください。彼らはピアノへの情熱とますます拡大する音楽ライブラリーで観客を魅了し続けています。


Cover of Stay With Me by THIS IS PIANO


THIS IS PIANO:魅惑的なピアノカバーで象徴的な曲に新たな命を吹き込む

この象徴的な曲は、元より非常に人気を博し、新たな世代の心を捉えました。松原みきの名曲の永遠の魅力は、ミュージシャンたちによって独自のアレンジが加えられるきっかけとなりました。その挑戦に取り組んだ中でも、有名なYouTubeチャンネルであるTHIS IS PIANOがあります。最近、彼らはこの曲の魅惑的なピアノカバーを公開し、2023年5月18日に初公開され、既に400回以上の再生回数を獲得しています。THIS IS PIANOは、オリジナルの作曲に忠実でありながら、曲の原調をFメジャーに保っています。これにより、曲の本質が保たれつつ、新鮮で魅力的な演奏を体験することができます。曲の拍子記号は4/4のままであり、ファンが親しみを感じる安定したリズムを提供します。ただし、THIS IS PIANOはわずかに速いテンポで演奏し、オリジナルの108 BPMに比べて112 BPMとしています。この微妙な変更により、演奏にエキサイティングなエネルギーが加わり、リスナーの全体的な体験が向上します。この不朽の曲を再訪し、彼らの優れたピアノの技術で彩ったTHIS IS PIANOのアレンジは、松原みきのオリジナルの傑作に敬意を表しながら、楽しいアレンジも提供しています。この曲の長年のファンでも、初めて聴く方でもTHIS IS PIANOの魅惑的なカバーは必聴です。彼らが愛されるこのクラシックに新たな息吹を与えるメロディに身を浸して、音楽の持つ持続的な力を改めて感じてください。また、演奏中にピアノの鍵盤が演出され、THIS IS PIANOの演奏を追いかける他のピアニストたちもより簡単に演奏を追うことができます。


イントロ

オリジナルのイントロは、歌詞「To you」とギターのわずかなビートで始まります。4拍後に他の楽器が加わります。最後の「To you」のときには、多くの楽器と音楽の層が混ざり合います。ここが曲の陽気でエネルギッシュな部分です。1番の前にはまだ音楽が演奏されています。オリジナルの曲ではこれに22秒かかります。THIS IS PIANOのカバーでは、「To You」の部分でオリジナルの曲で使用されている同じビートが使われます。THIS IS PIANOの演奏は、オリジナルよりも少し速く、少し柔らかい印象です。これにより、オリジナルの曲と同じ効果を得るためにコードが演奏されます。その後、オリジナルのテーマにドラムビートが追加される場所で、THIS IS PIANOはオリジナルに似た自身のビートを追加しています。これは、ピアノでオリジナルの曲と同じ効果を出すためです。この小さなパートは、1番の開始直前に追加されます。


バース1

1番の歌詞から始まると、歌手は「昨夜」にその人物がどのようだったかを歌っています。彼女は、その人がいつものようにグレーのジャケットを着て、見覚えがあるコーヒーのシミがついていると描写しています。オリジナルの曲では楽器のビートがあり、松原みきは美しいメロディを歌い、比較的ゆっくりとしたテンポで歌います。一行終わると歌詞に短い休止がありますが、音楽は演奏され続けます。これは80年代のオールドスクールな音楽のような感じがします。松原みきはゆっくりとした高い音域で歌っており、非常に美しいです。曲は止まり、コーラスに続くようになります。

THIS IS PIANOの1番は、動画の22秒から始まります。THIS IS PIANOの演奏は確かに速くなり、ここで少しスピードを増していますが、シティポップの雰囲気は保たれています。曲はダイナミックになり、速くて素早い指の動きがあります。曲自体に80年代の感じはあまりしませんが、オリジナルの曲に忠実に再現しているので、いくつかのヒントが散りばめられています。THIS IS PIANOは素晴らしい演奏をしています。歌詞を聞きながらピアノの演奏に合わせて歌えるでしょう。THIS IS PIANOのカバーでは、オリジナルの曲で複数の楽器を演奏していた音楽の層も感じることができます。THIS IS PIANOのビデオでは、このパートまでで56秒です。


コーラス

コーラスでは、主なフレーズと曲名が歌われます。この部分では、"Stay with me"というフレーズに重点が置かれており、そのフレーズにより効果が増します。これは歌手が恋人にとどまってほしいと願っていることを示しています。彼女はパートナーに過度に依存しており、彼女から去ろうとすることに対して悲しんで泣いています。歌手は、彼らのジャケットのコーヒーのシミに気づくなど、細かい動きに固執しパートナーの行動に影響を受けています。この部分の音楽は非常に人気があります。象徴的なフレーズ、美しい声、そして音楽がこの曲を人気にしています。コーラスは曲にエネルギーをもたらし、コーラスの歌詞が終わるとテンポが落ちていきます。その後、イントロ後や1番の最初の部分と同じような音楽が演奏されます。


THIS IS PIANOの演奏は楽しく、ダイナミックなピアノパートも素晴らしいです。テンポが速くなることで、曲は違った印象を与えつつも、同じような雰囲気を保っています。歌詞と簡単にシンクロすることができます。コーラスの歌詞は高音であり、THIS IS PIANOの右手はそのまま歌詞を演奏しているようで、左手は曲やメロディを加えています。THIS IS PIANOは、この曲の感情を同じように感じ、ピアノで演奏することでそれを高めるという素晴らしい仕事をしています。THIS IS PIANOは、オリジナルと同じく、一定のキーを弾く左手の演奏や、短いキーの演奏と和音の演奏を繰り返す短いセクションも演奏しています。そして、2番に進む前に小さな演奏があります。


バース2

2番の歌も、1番が始まったのと似たような感じで始まります。歌詞では、愛と再び「昨夜」の話について語られています。歌手は切望の気持ちを抱き、パートナーに対して希望を感じています。自分のそばにパートナーの存在を感じることができると感じています。2番の音楽とトーンは、最初と非常に似ています。ただし、歌詞は異なる部分もあります。オリジナルの2番は、2分24秒で終わります。

THIS IS PIANOの2番は、1分39秒後に始まります。THIS IS PIANOも、前の詩で演奏された音楽とトーンを繰り返します。オリジナルの曲に忠実に、THIS IS PIANOは同じビートと素早い指の動きを演奏します。したがって、この曲の1番を学べば、2番も演奏することができます。


コーラス

再び、コーラスは同じトーンで同じように始まります。再び、「Stay with me」という歌詞で始まり、今回はパートナーが去ったときに歌手が感じることについて語られています。歌手は孤独を感じ、パートナーを切望しています。歌手は心に穴があいたと感じています。彼女は泣いており、パートナーに一緒にいてほしいと願っています。

THIS IS PIANOも前回と同じようにコーラスを演奏します。この曲は、初中級レベルで学ぶのに適した曲です。1番だけ歌とコーラスを学べば、それが繰り返されます。ただし、コーラスの終わり近くでは、THIS IS PIANOが少し変化を加え、いくつかのビートを追加しました。それにもかかわらず、曲のリズムと雰囲気は変わらず、オリジナルを保っています。


ブリッジ - サックスフォン

この曲にはサックスのソロがあります。この楽器は曲のサイクルを打破し、曲に新しい展開を加えるために演奏されます。これにより、曲全体との対比が生まれます。曲は単純で、歌とコーラスの繰り返しを行き来しています。サックスのパートは、歌がコーラスに入るように終わります。THIS IS PIANOもこの部分を演奏し、まるでサックスが演奏されているかのような感じがします。速く、しかし曲を通じて築かれた雰囲気とは異なります。THIS IS PIANOのこの部分は、曲に新鮮さをもたらします。聴くと柔らかく心地よいです。これがこの曲を完璧な名曲にするために必要なものです。THIS IS PIANOがこの部分を美しく演奏したことは、曲のハイライトであると言えるでしょう。この部分が終わると、曲のコーラスに直行します。


コーラス

この部分も前回のコーラスと似ています。今回は3回演奏されます。最初は、歌手がパートナーに帰らないでと懇願しています。彼女は口ぐせを言いながら、ふたりのつながりを感じられるように努力し、相手と一緒にいるときに感じる温かさを伝えようとします。二人の瞬間にしがみつき、パートナーに彼女から離れてほしくないのです。

THIS IS PIANOの最後のコーラスは、3分5秒から始まります。前回のコーラスと同じく3回演奏されます。最後に演奏されるときは、テンポも少し変化します。微妙な変化もありますが、最終的には同じコーラスに戻ります。


アウトロ

最終のアウトロは短く、歌手は彼女がパートナーと感じた温かさを決して忘れないと述べます。曲は徐々にフェードアウトしながら音楽が続きます。これにより、曲は終わります。THIS IS PIANOも最後の部分を演奏し、曲の最後のコードで終わりを迎えます。

心をこの時代にタイムスリップさせてください。この時代を代表する懐かしいアンセムが壮大な復活を遂げ、その永遠の魅力で音楽界に再び火をつけます。これら忘れられないメロディは私たちの心に刻まれており、そして今、THIS IS PIANOが彼らの美しいピアノカバーを通じてこの象徴的な曲に素晴らしいオマージュを捧げます。この曲が好きなファンでもこの名曲をマスターしたいと願うアスピリングピアニストでもTHIS IS PIANOの演奏は必見です。この愛される曲の美しさに浸り、彼らの素晴らしいカバーで内なるピアニストを解放するチャンスをお見逃しなく。


このアレンジが気に入ったら、こちらでアレンジをチェックすることができます。他にも絶対にチェックする価値のあるTHIS IS PIANOのアレンジがあります。


この曲や他の曲が気に入ったら、MyMusicSheetでさまざまな楽譜を見つけることができます。


次回まで、ハッピーミュージック!



 
Logo of MyMusicSheet written in blue bold letters

Over 100,000 sheets with various songs and instruments, and 15 different local payment methods, MyMusicSheet provides the most convenient platform service for those of you who love music.

 

© 2023 MyMusicSheet | www.mymusicsheet.com


コメント


Subscribe to our channel

Join our email list and get access to specials deals exclusive to our subscribers.

Thanks for submitting!

bottom of page